デリケートゾーン 脱毛

デリケートゾーン脱毛、自己処理はこんなに危険!

デリケートゾーンの自己処理は、手軽にカミソリや毛抜き、クリームなどでやってしまいますが、肌トラブルの原因になり、とても危険です。

 

デリケートゾーンの脱毛

デリケートゾーンの脱毛やお手入れを、自分でやっていませんか?この部分は人に見せるのが恥ずかしいところですし、お風呂に入っているときに、ついでにジョリジョリ・・なんていう感じでやっているあなた、かなり危険な行為ですよ! というのも、デリケートゾーンはその名前のとおり、とてもデリケートな場所。自己処理だと、お肌のトラブル、本当に招きやすいんです。

 

カミソリで傷を付けてしまうというのもありますし、カミソリやハサミなどで処理した毛は先端が尖っています。チクチクとして、それが実際にお肌を傷つけ、痒みのもとになってしまったり、毛抜きで抜いた毛穴にバイ菌が入って炎症を起こしてしまったり。さらには引っ張った毛穴が盛り上がってブツブツ鳥肌になってしまったり、毛が毛穴に残ってしまって埋没毛となってしまったり・・・。これらのブツブツ毛穴や埋没毛は特に一度なってしまうと治すことが難しいですし、とにかく自己処理によいことはありません。

 

また、市販のムースやクリームなども、手軽に痛みも少なくケアできるからと、つい使ってしまいたくなりますが、やっぱりデリケートゾーンでの使用は避けたほうがよいです。皮膚がとても薄い部分ですから、お肌へのダメージがかなり大きいのです。すぐに赤くなったり、痒くなったり、かぶれたりする可能性があります。アレルギーの人、敏感肌の人は特に注意が必要です。

 

デリケートゾーンの自己処理、なるべくなら避けてください。

 

デリケートな部分だから、エステ脱毛が安心!

 

やはり、この部分の脱毛は、プロにお任せするのが安心です。綺麗に処理できますし、安全です。自己処理は、肌荒れや大切な部分を傷つけてしまう怖さも。

 

ただ、エステは勧誘がイヤという人も多いですよね。そこでオススメなのがミュゼ。ミュゼは、勧誘しないことで有名なエステです。詳細はこちらを!
ミュゼ 勧誘 http://www.nagasaki-joho.com/

VIO脱毛の「V」「I」「O」とは

VIO脱毛とは、いわゆるデリケートゾーンの脱毛のこと。「V」「I」「O」はそれぞれ部位の形を表しています。

 

VIO脱毛の「V」「I」「O」とは

「VIO脱毛」という名称、脱毛サロンやエステなどの広告で見かけたりしますが、一体どこをさす言葉なのか、疑問に思ったことはありませんか? 「V」「I」「O」とは、デリケートゾーンの各部位のを表す名称なんです。

 

「V」とは、ビキニライン。太もも(股間)の内側から骨盤にかけての斜めのラインです。ここの部位の毛、例えばビキニや、普段のショーツなどを履いたときにはみ出してしまったり、もっとも気になる部分ですよね。「O」はお尻の肛門のまわりの部分、「I」はVラインとOラインの間の部分のことです。ここもほっとくとビキニやショーツからはみ出てしまう部分ですよね。

 

デリケートゾーンのケアについてって、なかなか恥ずかしくて人に相談もできないですけど、それだけに実はけっこう気になるところです。黒ずみやムレ、ニオイなど悩みは尽きません。ムダ毛の処理など、特に夏は気になりますよね。海やプールで下着や水着をステキに余裕で着こなすためには、このVIOラインの処理は欠かせないものと言えるでしょう。

 

グラビアアイドルの方たちは、ほとんど処理をしているようです。また、「VIO脱毛」を終えた人からの声で多いのが「生理の時の悩みから開放された!」「楽になった!」「もっと早くやっておけばよかった!」という感想。この快適さは脱毛をした人でないわからないのだそうです。そう言われると気になりませんか?

 

このデリケートゾーン、エステやサロンで脱毛処理してしまうのがおすすめです。ちゃんとカバーしてくれたりしながらの施術なので、こちらが慣れてしまえば恥ずかしさもそれほどありません。わざわざ口に出しては言ったりしないことなので知らないことが多いですが、まわりの友だちももう済ませているかもしれませんよ。

 

ちょっとプ・レ・イ・ク

 

女性にとってデリケートゾーンと並んで、大切なのが胸。ですが、実は、乳房全体に産毛が生えていたり、乳輪周りに黒いぴょろっとした毛が生えて悩んでいる人も…。やはりこれは脱毛しかないですね。ただし、部分が部分だけに、胸・乳輪の脱毛はしっかり調べてから脱毛を受けるようにしましょう。

 

このページのTOPへ戻る

VIO脱毛の形はどうすればいいか

デリケートゾーンのVIO脱毛、希望の形にすることができます。オーソドックスな三角形以外にも、楕円やハート、四角など、施術前に考えておきましょう。

 

VIO脱毛の形

デリケートゾーンの脱毛をするとき、あらかじめきちんと考えておきたいのが、形をどうするかということ。VIOラインにもトレンドとか人気とかがあるそうですよ。普段は人目につかないところではありますが、下着や露出度の高いファッションなどによって、毛の残し方も変わってくるということで、ファッションの一部だ、なんていう考え方もあるほどだとか。

 

どういう形があるかというと、大きく分けて3種類ほどでしょうか。

 

一つは三角形。これは一番自然体ですよね。ナチュラルで、好感度も高いみたいです。違和感もないので、温泉などでみんなびっくり注目の的なんていうこともなさそうです。

 

もう一つは卵形。オーバル型、楕円型とも呼ばれますが、おへその方がすぼまる感じになるので、かわいらしさのある中でもすっきりした印象になります。

 

それから長方形型。ちょっと海苔を貼付けたような感じ?といったら変かもしれませんが(笑)、これも、下着からはみ出したりしにくくなってよいですよね!

 

また、他にもハートなどの形にする人もいるみたいです。あとは正方形だったり、蝶々のような形(バタフライ型)だったりといったものもあるそうです。他の人と違う形で自分のこだわりを表現、というところでしょうか。デリケートゾーンの脱毛の形・・・なかなか奥が深いですね♪

 

 

このページのTOPへ戻る